Webからのお問い合わせはこちらから

お口と全身の関係

  1. ホーム
  2. お口と全身の関係
  • 全身疾患
  • 咬み合せ

口内ケアの必要性

画像

高齢になっても、しっかり咬めて食事をおいしくとれるお口を維持するには、訪問診療での専門的な口内ケアが欠かせません。とくに、高齢者の直接的な死亡原因の第1位とされている誤えん性肺炎は、口内ケアを徹底することで発症率を大幅に下げることがわかっています。

口内ケアは、介護者の方にも難しいものです。専門的な口内ケアを、当院におまかせください。

お口の病気と全身疾患の関係

糖尿病との関係

糖尿病や肥満の人には歯周病が多く、さらに重症化しやすいということが国内外の調査結果からわかっています。また逆に、糖尿病の治療をすると歯周病が改善したというデータもあり、この2つの病気は深い関係にあることがわかっているのです。

心臓病との関係

「細菌性心内膜炎」の原因の多くは、口内の細菌だとされています。ほかにも口内ケアを怠ると、狭心症や心筋梗塞なども引き起こされると考えられます。

肺炎との関係

誤えんによって歯周病菌が気管に入り、肺に到達すると、肺炎を引き起こすことがあります。高齢者や寝たきりの方に多いため、注意が必要です。

脳梗塞との関係

歯周病菌が歯ぐきから血管に入り込むと、動脈硬化を起こし、脳梗塞の原因になるといわれています。

妊娠中について

妊娠中はつわりがあり、お口の衛生状態が悪化します。さらに女性ホルモンの血中濃度が高くなることから歯周病になりやすくなります。さらに歯周病菌や子宮の筋肉に影響を与え、早産や低体重児出産のリスクを高めることもわかっており、とくに注意が必要です。

口内の健康が生活の質を向上させます

画像

口内ケアを徹底すると、むし歯・歯周病、また誤えん性肺炎などを予防し、さらに口臭が除去され、正しい味覚が得られるなど、口内環境が改善されます。その結果咀しゃくがきちんとできるようになると、だ液の分泌や消化吸収が促進。さらに体力や免疫力などの向上につながります。

また、身体機能が回復することで食事が楽しめるようになり、他人とのコミュニケーションも増えれば生きる喜びが生まれ、その結果「Quality of Life」の向上が実現します。つまり、口内の健康が生活の質を向上させるということになるのです。

口内ケアの重要性

歯科でいう口内ケアとは、いわゆる「お口の中の専門的なクリーニング」だけを指すのではありません。それに加え、歯やお口の機能を高めるリハビリテーションを行うことまでを含みます。

口内ケアの意義
食生活 食べ物を切り、砕き、だ液と混ぜ合わせるなどのほか、異物を反射的により分けるなど、食生活で重要な機能を果たします。
骨・筋肉のバランス 咬む力が低下すると、顎が小さくなって歯並びも悪くなり、歯みがきがしにくくなることで、さらにむし歯になりやすくなります。
脳の発育促進 「咬む」という行為は脳の発育を促したり、老化を防いだりすることができます。そのため歯がなくなれば脳への刺激がなくなり、痴呆につながることもあります。
動動力を高める 「咬む」ことは全身運動の一つ。咬み合わせのバランスが整えば、運動能力を高めることにつながります。
口内ケアの効果
  • むし歯・歯周病ほか口内感染症の予防。
  • 咀しゃく機能、摂食・えん下機能など、口内機能の維持・回復。
  • 誤えん性肺炎などの原因になる細菌を減らし、全身疾患の予防。
  • 経口摂食(口から食べること)が促され、栄養や水分の吸収が向上し、全身状態の改善。
  • 構音機能の維持・回復により、コミュニケーション機能の回復。

吉木歯科医院の「治療の流れ・費用」について

咬み合わせと身体の関係

咬み合わせはお口の中だけの問題ではなく、全身とも深く関わっています。そのため、咬み合わせがずれると、以下のようなといった思いがけない症状を招くことがあります。

  • 肩こり
  • 疲れ
  • 手足の冷え
  • 肌荒れ
  • アレルギー
  • 生理痛
  • 貧血

ほか

咬み合わせがずれる原因

顎の発育不良 食生活の変化によってやわらかい食べ物が増え、咬む回数が減少。顎が十分に発達せず、歯並びが乱れて咬み合わせがずれています。
顎の発育不良 おかしな向きで生えてくる親知らずが手前の歯を押し、歯並びを乱すことがあります。
歯の欠損 歯を失ったままにしておくと、空いたスペースに咬み合う歯が伸びたり隣の歯が倒れ込んだりして、歯並びが乱れることがあります。
歯科治療での不具合 むし歯治療による詰め物・被せ物がずれていると、咬み合わせが乱れることがあります。
クセ 「うつぶせ寝」「歯ぎしり」「片側だけで咬む」「手や足を組む」といった日頃のクセが咬み合わせに影響することもあります。

咬み合わせを整えるメリット

  • 健康な歯を維持でき、寿命を長くできる。
  • 歯みがきがしやすくなり、むし歯・歯周病になりにくくなる。
  • 発音が正しくなる。
  • 顎関節症のリスクが低くなる。
  • 口もとの見た目が美しくなる。
  • 胃腸への負担が軽減される。

Pick up!口内機能回復の訓練とは

以下のようなさまざまな訓練を行うことで、お口の機能回復が期待できます。

【腹式呼吸】

横隔膜を上下させることで、肺に空気を取り込む呼吸法です。心身がリラックスし、免疫力がアップします。

【あいうべ体操】

「あ」「い」「う」「べ」という4つの音を、1日に30セットを目安に大きな口を開けて発します。音は出しても出さなくてもよく、お口の機能はもちろん、アレルギーや膠原(こうげん)病、精神関連疾患などの改善にも効果があります。

【T4K】

お子様の前歯が4本生えそろうころに使いはじめる、マウスピースタイプの装置です。口をいつも開けがちだったり、口呼吸をしていたり、また舌を前に突き出したりするクセなどの改善に効果的です。

吉木歯科医院の「治療の流れ・費用」について

診察メニュー

  • 虫歯治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 高齢者歯科(訪問診療)
  • お口と全身の関係
  • 矯正歯科
  • 入れ歯

医院について

  • 小児歯科専門サイト
  • 医院ブログ
  • 歯科タウン

page top

〒811-2308 福岡県糟屋郡粕屋町内橋277-1

copyright © yoshiki-dc.com All Rights Reserved.