Webからのお問い合わせはこちらから

矯正歯科

  1. ホーム
  2. 矯正歯科

やかな成長のために正しい歯並びに

画像

「出っ歯」「受け口」「ガタガタ」など、お子様の歯並びに気になることはありませんか? 歯並びの乱れは見た目が気になるだけでなく、お口の機能、さらにお子様の成長にも悪影響を与えてしまいます。そこで、矯正治療で正しい歯並びを手に入れることが大切になるのです。

粕屋町の歯医者、吉木歯科医院の矯正歯科では、お子様一人ひとりのお口の状態や、成長段階に合った矯正治療をご提案します。お子様の健やかな成長のために、矯正治療を検討しませんか?

お子様の矯正治療について

画像

お子様の矯正治療、「いつごろはじめたらいい?」「いつまでかかるの?」など、わからないことだらけではないでしょうか。こちらでは、そんな疑問にお答えします。

いつからはじめるべきか?

子どもの矯正治療では、自然な成長しようとする力を利用します。そのため、顎の成長自体を正しく導くこともでき、よりよい結果を招きやすくなるのです。つまり治療は、成長が完了する前に行うことが大切になるのです。

どもの矯正治療は一般的に、「第1期治療」と、「第2期治療」の2つに分けて行います。このとき、第1期治療の開始が遅れると、顎の成長が完了しているため、歯を並べるのに抜歯が必要になってしまうケースも少なくありません。そこで、乳歯が残っている時期に治療を開始することが必要になるのです。

まずできることは、一度診察を受け、そもそも矯正治療が必要かどうか、また開始するならいつがいいのかなど、今後の見通しを知っておくことだといえるでしょう。

どれぐらいの期間がかかるか

第1期治療は、基本的に乳歯が永久歯に生え替わるまでの期間に行います。それを年齢でいうと、生え替わりがはじまる6歳ごろから、すべての永久歯がそろう12歳ころまでだといえるでしょう。

また第2期治療では、永久歯が生えそろってから歯の表面に小さなブラケットという装置を付け、そこにワイヤーを通して歯を正しい位置に移動させていきます。この治療には、2~3年ほどかかるとお考えください。

小児矯正歯科のメリット
メリット1 メリット2
出っ歯や受け口など、歯並びの乱れを改善できる 顎のずれなど、骨格まで改善できる
メリット3 メリット4
自然な成長の力を利用できるため、よりよい効果が得られる 後の本格的治療の際に、抜歯する可能性を低くできる

第1期治療と第2期治療について

子どもの矯正治療は一般的に、「第1期治療」と「第2期治療」にわかれます。その違いをご紹介します。

Pick up!顎の大きさを広げる治療「床矯正」

食生活が変わり、やわらかい食べ物が増えた現代、咬むことが減って顎が正しく育たないお子様が増えています。そのために歯がきちんと並ぶスペースがなく、歯並びが乱れてしまうケースも少なくありません。そこで、顎の大きさ自体を広げる「床矯正(しょうきょうせい)」を行います。

床矯正とは、入れ歯に似た取り外しできる装置を毎日就寝時など一定時間お口に装着し、自然な成長の力を利用しながら顎の大きさを徐々に広げていく治療です。この治療によって、永久歯が生えてきたときにきちんと並べるスペースが確保され、本格的な矯正治療の際に抜歯する確率を大幅に下げることができるのです。

床矯正は、おもに乳歯と永久歯の混合期に行います。タイミングを逃さないよう、お早めにご相談いただくことをおすすめします。

吉木歯科医院の「治療の流れ・費用」について

診察メニュー

  • 虫歯治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 高齢者歯科(訪問診療)
  • お口と全身の関係
  • 矯正歯科
  • 入れ歯

医院について

  • 小児歯科専門サイト
  • 医院ブログ
  • 歯科タウン

page top

〒811-2308 福岡県糟屋郡粕屋町内橋277-1

33.62054628685022,130.46012180185244

33.6203274,130.46004670000002

copyright © yoshiki-dc.com All Rights Reserved.