Webからのお問い合わせはこちらから

高齢者歯科(訪問診療)

  1. ホーム
  2. 高齢者歯科(訪問診療)
  • 高齢者歯科
  • 訪問診療

高齢者歯科について

画像

高齢者歯科とは高齢者の方に、より最適な健康状態で生活を楽しめる「健康高齢者」になっていただくための一つの手段として、お口の診療を行う科であるといえます。

健康高齢者になるには、自分の歯やお口、そして体の健康に関心を持つこと、その向上のために生活習慣を整えることが大切です。通常の歯みがきはもちろん、必要に応じて舌や顔の体操や、だ液腺のマッサージといった機能的な口内ケアを行うのも効果的です。

健康高齢者として楽しく暮らす日々を手に入れるために、積極的に高齢者歯科にお越しいただき、定期健診や口内ケアの指導を受けましょう。

高齢者の口内環境の特徴

高齢者の口内には、以下のような特徴があり、それに合わせたケアや診療が必要になります。

治療痕・入れ歯が多い むし歯治療による詰め物・被せ物がたくさんあり、また歯がすべてそろっていることが少ないため、入れ歯を使用しているケースが多い。
自浄作用が働きにくい 運動障害や麻痺などがあると口内機能が十分に働かなくなり、だ液の分泌が減ります。そのため、だ液による自浄作用が働きにくくなります。
むし歯・粘膜疾患が多い 自浄作用が働かなくなることでお口の中に食べカスが残り、詰め物・被せ物の中や、歯ぐきが下がって露出した歯根部分にむし歯ができやすくなります。また加齢によって抵抗力が低下し、歯周病のほか、口内炎や義歯性腫瘍などの粘膜疾患が進行します。
食べ物が残っている きざみ食やとろみをつけて食べやすくした食事をとられている方も多く、歯の間などお口の中に食べカスが残りやすくなります。さらに自浄作用も低下しているため、よりむし歯や歯周病が悪化しやすくなります。
乾燥している だ液の分泌量が減るため、お口の中が乾燥しがちになります。自浄作用の低下以外にも、咬んだり、飲み込んだり、また発声したりすることなどにも支障が生じます。

口内機能の低下のサイン

画像

口内機能は、加齢によって全身の機能とともに低下していきます。「年をとったらこんなもの」とあきらめず早めに適切な対処をとっていくことが、それ以上の低下を防いだり、改善させたりするために重要です。

以下のことに覚えはありませんか? もし当てはまるものがあれば、それは全身機能、そして口内機能の低下のサインかもしれません。

筋力のサイン

  • 階段を上るときは手すりを使う。
  • 椅子から立つとき、どこかにつかまっている。
  • 以前より転びやすくなった。

食事のサイン

  • ここ半年で、2~3kg以上体重が減った。
  • 3食規則正しく食べられていない。

お口のサイン

  • ここ半年で、堅い物が食べにくくなった。
  • 水分をとるとむせることがある。
  • 口が渇きやすい。

外出のサイン

  • あまり外出をしなくなった。

記憶力のサイン

  • 物忘れを指摘されるようになった。
  • 今日の日付がわからないことがある。

心のサイン

  • 以前は楽しめていたことが楽しめなくなった。
  • 疲れやすくなった。

Pick up!Quality of Life(クオリティー・オブ・ライフ)とは

「Quality of Life」という言葉を耳にしたことはありませんか? これは「QOL」とも表され、日本語で「生活の質」と訳されています。人が人らしく、どのくらい望む通り生活できているかを図る尺度として用いられる概念だといえます。

歩行や摂食、衣服の着脱、洗面、入浴、排便といった日常の身辺動作がどれだけ自分でできるかといったことだけでなく、他人の介助を受けながらも、自身が生きがいや幸せを感じることこそが、「生活の質」を高めるために重要だとされているのです。

「Quality of Life」を向上させるには、「しっかり咬める」「食事を楽しめる」ということも大切な要素になります。その実現の第一歩として、お口の健康維持について意識してみませんか?

介護口内ケアの重要性

画像

介護をされている方は全身状態の看護などに追われ、お口のケアは後回しになっているという方も少なくありません。しかしそのためにお口の衛生状態が悪化すると、むし歯や歯周病になりやすくなるうえに、摂食・えん下障害、また誤えん性肺炎などの問題を招いてしまうこともあるのです。

「食べる」「飲み込む」「話す」というお口の行為は脳に与える刺激も多く、これらがうまく働かなくなることで寝たきりになることにもつながるといわれています。全身のケアだけでなく、口内ケアもとても重要なものなのです。

介護予防におけるポイント

POINT1
健康寿命の延長
POINT2
義歯の装着・調整
健康寿命を延ばすためには、歯科による口内ケア・管理が必要です。 誤えん性肺炎や低栄養を予防するために、義歯の装着・調整が必要です。
POINT3
口内の維持管理
POINT4
むし歯・歯周病の管理
だ液の分泌が減り、口内乾燥が起きやすくなる終末期は、とくに口内の維持管理が大切です。 誤えん性肺炎や低栄養を予防するために、義歯の装着・調整が必要です。

訪問歯科診療内容

訪問歯科診療では、基本的に歯科医院での診療内容と同じものが行えます。

  • 歯科治療
  • 歯科保健指導
  • 専門的口内清掃
  • 摂食機能訓練

これには、要介護高齢者の状態や目的に応じ、「歯牙喪失防止・咬合回復」「生活習慣病指導」「咀しゃく機能維持による低栄養の予防」「えん下機能維持による気道感染の予防」など、さまざまな診療が含まれています。訪問診療には健康保険が適用されますので、希望される方は一度当院までご相談ください。

吉木歯科医院の「治療の流れ・費用」について

診察メニュー

  • 虫歯治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 高齢者歯科(訪問診療)
  • お口と全身の関係
  • 矯正歯科
  • 入れ歯

医院について

  • 小児歯科専門サイト
  • 医院ブログ
  • 歯科タウン

page top

〒811-2308 福岡県糟屋郡粕屋町内橋277-1

copyright © yoshiki-dc.com All Rights Reserved.